後遺症が生じたら

交通事故によって被害者になってしまった場合、交通事故によって後遺症が生じる場合もあります。
こういった場合、加害者の加入している保険会社の方に治療費などの費用を請求するという流れになりますが、この請求が可能なのはこれ以上治療を続けても効果がないと認められる病状固定時までに行わなければなりません。
その為、病状固定後に加害者の保険会社に被害者の損害に対する費用を請求するという行為は原則として行うことができません。


ですが、交通事故によって後遺症が生じてしまった場合は、その後遺症が生じてしまった損害を病状固定後に加害者側に請求する場合、交通事故によって生じてしまった後遺症についての症状を後遺障害として認定してもらう必要があります。
その認定のことを後遺障害等級認定といい、それを申請するためには必要な書類が出てきます。
その必要な書類の中に診断書も含まれていて、それを後遺障害診断書と言います。
この診断書がなければ後遺障害等級認定を申請できない為大変重要な書類です。
この診断書には一般的に診断書に記載する情報以外にも病状が固定した日や自覚症状についてや生じた後遺障害の内容についてなど、より詳しく情報を記載する必要があります。


また、この診断書を作成するためには、病院により診断書の紙があるところもありますが、無い場合もあります。
最近ではこの後遺障害の診断書の用紙をインターネット上でダウンロードすることも可能なのであらかじめ用意しておくと安心です。


[Recommend site]
治療中から後遺障害として認定してもらうまで弁護士がサポートしてくれるサイトです > > 後遺障害 弁護士

Copyright © 2014 後遺症の診断書の書き方のポイント All Rights Reserved.